Holi Festival of Color by JIP yokohama

JIPyokohamaとは?

JIPyokohamaとは?

JIPyokohamaとは、Japan India Projectの略。在住インド人と日本人が発足したグループです。私たちは、日本とインドが相互に理解し協力し合い、力を発揮しながら、共に未来に進むことをめざし 発足いたしました。

私たちは、日印のこれからのあり方について、共に考えた結果、日本とインドの間には、今こそ気づくべくことがあると理解しました。

インドは、親日国です。日本ではあまり知られていないことですが、インドの国会では、毎年、8月の原爆記念日に黙祷をささげているのです。また、東日本大震災のときは、在日インド人の方々も痛みを共にし、カレーの炊き出しをしてくださったり、その後も継続的に活動をなさってくださる方もいらっしゃいます。

インドと日本の繋がりは、それだけではありません。
日本の仏教はインドから渡来し、日本語26音は、インドの原語サンスクリット語からできています。
“祇園”や“だんな”という言葉もサンスクリットが語源です。聖徳太子の17条の憲法の中にも仏教の考えが入り日本のよみづくりが行われている ほか 日本とインドと日本には深い繋がりがあります。

JIPyokohamaは、インドメンバーと横浜を皮切りに日本中のメンバーが交流することによりインドについての理解を深め(そのことは同時にお互いに自国のことも知ることにもなるのですが)日本とインドの架け橋を築いていきたいと思っています。

日印の国交間の関係においては、「戦略的グローバル・パートナーシップ」の下、政治・経済・文化等 多岐にわたる分野での交流が図られています。横浜開港以降、インドから横浜に来日したインド商人たちは横浜に居住し、日本の生糸貿易の多くを担っていました。横浜には、そのインド商人たちが創設した在日印度商工会議所(横浜インド商協会)が、中区山下町にあり、2011年に90周年を迎えています。
この繋がりから JIPyokohamaは誕生しました。

私たちは、心をあわせて、インドの叡智と日本のもつ知恵で、日印の架け橋づくりに尽力いたします。皆様のご支援・ご指導を賜わりますよう お願い申し上げます。

JIP yokohama 事務局一同

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional